残 悔 の 柱

a0262562_1062295.jpg



松本市美術館で開催中の 第三回 我 風 展 に 展示中の一枚です




宮城県石巻市 大川小学校




多くの子供達の命がうばわれた場所です


柱は海に向かって倒れています



奥に見える二階部分につながる渡り廊下が


津波そのものではなく


引き波によって


倒されました




これだけの建造物が

このような状態に破壊されたのです




グランドにいた小学生たちは

どれほどの恐怖を感じたのでしょうか・・・・・・・・・






決して忘れてはいけない

二度と悲劇をくりかえしてはならない・・・・・・・・・




犠牲者の死を無駄にしないためにも



生きている私達一人ひとりが


防災意識をたかめ


話あい


準備をしておく必要がある・・・・・・・・・・・・




そして



躊躇なく逃げる心構えを持ってほしい



生き残るために・・・
[PR]
by jin-m10-p | 2015-04-17 10:36 | 被災地 | Comments(19)
Commented by syaraku-sya at 2015-04-17 12:26
jin-m10-pさん こんにちは。
いよいよ始まりましたね。。「我 風 展」
この一枚を見てしまうと。。。会場に行って作品をすべて見たくなります!
とても重みと思い。。そして考えさせられる1枚!
横浜から。。。成功をお祈りしております! 行けなくてすみません^^;
Commented by getteng at 2015-04-17 13:04
jin-m10-pさん
これは強烈な印象を受けました。
もう既に撤去されているかとは思いますが、
撮られた写真は貴重な証として保存してください。
当地も同様です。
今月末から来月上旬の間、当地では被爆70周年広島復興大写真展が開催されます。
モノクロ200点、カラ-170点といわれております。
主催は広島写真美術協会。
Commented by sidu-haha at 2015-04-17 18:27
こんにちは~
いよいよですね。

この光景~ニュースとは違って~現場の生の映像は違いますね。
是非~幾世代も伝わってほしいと思います。
そして、とにかく逃げること~^
命より大切なものはないと、みんなに知ってほしいです。
Commented by getteng at 2015-04-17 21:19
jin-m10-pさん
30+170=200点の間違いです。
Commented by robirobi0807 at 2015-04-17 21:22
お疲れです
明日は会場に?
夜はライブだし(笑)
Commented by 117nature at 2015-04-17 21:41
こんばんは

東京は桜も葉桜になり
我風展も後2日ですね。
規則正しく時間は過ぎてるのに私は取り残されそう、、

この1枚のお写真と文面でjin-mさんのあの時の想いが
伝わります。


Commented by jin-m10-p at 2015-04-17 23:50
syaraku-sya 様

こんばんは。
コメありがとうございます、力になります。
そーなんです、この写真は、ワタシにとっても
悔しさをあらわしてます。助けられたはずの命を
救えなかったことに対してです。
重いです。しかし、伝え続けます。
いつかまた、発表します。
その時は見てくださいネ。
Commented by jin-m10-p at 2015-04-17 23:56
getteng 様

こんばんは。
コメントありがとうございます。
この大川小学校は残っています。
無くしてはいけない震災遺構です。
石巻市は無くそうとしていますが・・・
決してゆるされることではありません。
残し、後世に伝えつづけるべきだと思います。
広島も70年、どちらも重いですネ。
生きている限り語り継いでまいりましょう。
訂正ありがとうございます。
Commented by jin-m10-p at 2015-04-18 00:01
sidu-haha 様

こんばんは。

我風展も土日の二日となりました。
残り二日で、震災の実際を
できるだけ多くの方に伝えたいと思います。
犠牲になった方々の代弁者として・・・。
ありがとうございます。
Commented by jin-m10-p at 2015-04-18 00:04
robirobi0807 様

お疲れ様ですン。
明日は五時起きでそちらに向かいます。
夜はイイ音を聞かせてくださいネ。

あと二日、ふあいとォ~
Commented by jin-m10-p at 2015-04-18 00:08
117nature 様

こんばんは。

そーですネ、花の命は短くハカナイですネ。
だからこそ、人のココロを惹くのでしょうか?

あと二日、ジブンの思いを見ていただいた方々に
伝えたいと思います。
そしてこれからも・・・・・・・・・・・
ありがとうございます。
Commented by umisanjin at 2015-04-18 01:01
強烈なインパクトのある作品ですね、、 忘れることのない
出来事が、今も、心を締め付けます。
Commented by nikojisan at 2015-04-19 21:05
大川小学校・・・被害者と学校側との争いもいまだに・・・
女川でも、石巻でも、南三陸町でも名取でも・・・
被害の痕は色んな形で残っています。
震災1週間後に閖上に行ってみましたがとても悲惨で写真は
撮りたい気力を打ちのめしました!!
Commented by jin-m10-p at 2015-04-20 10:51
umisanjin 様

こんにちは。
コメント遅くなってすみません。
昨日、無事に我風展が終了いたしました。

ワタシはこの大川小学校に行くたびに泣けてしまいます。
忘れる訳には行きません、そして伝え続けることが必要
だと思っています。
ありがとうございました。
Commented by jin-m10-p at 2015-04-20 11:12
nikojisan 様

こんにちは。
コメント遅くなってすみません。
昨日無事に我風展が終了しました。
現在の被災地は、たしかにモニュメント系は
設置されていますが、人の営みを感じさせる
動きはわずかですネ。工事や建築は東京では
急ピッチであるのに、あまりにも対照的です。

ワタシは震災当日から、深沼・ゆりあげ・蒲生・松が浜・七ヶ浜に撮影に入りました。自分の知っている所ばかりのはずなのに、どこにいるかわからなくなるほどの被害でした・・・
仕事であること、地元であること、被害が甚大であることの
ハザマで悩みました・・・・・・
結果として出した答えは・・・
自分の出来ることをしようでした。
それが、撮影し記録として残し、発表することです。
泣けて撮れないことも多かったのですが、今は撮影して
良かったと思っています。
これからも撮影と発表を続けていきます。復興が完了するまで・・・・・。
ありがとうございました。
Commented by roseyrosey at 2015-04-20 13:59
jinさん、我風展おつかれさまでした。

今回、初めてお目にかかれてとても嬉しかったです。
会場で、jinさんから作品のお話、そして震災後のお話、
いろいろ伺えたことに感謝しております。

床に貼られた雑草のお写真、
踏まれれば踏まれるほどに強くなる雑草、
天に向って伸び続ける雑草の逞しさは、人間の逞しさでもあるのだと
私なりに解釈しました。
最後にみんなでテープを剥がしていた光景も、とても印象的でした。
どうもありがとうございました。

また、どこかでお目にかかれる日を楽しみにしております^^
Commented by a-ki_la at 2015-04-20 20:50
我風展&ライブではお世話になり、ありがとうございました。
図々しく長居しまして申し訳ありませんッ。

プリントの大切さを改めて感じましたが、Webの利点もほら、こうして!
写真家の方たちがFBのみならずブログ形式で作品を見せてくださるので
ワタシのような小者にも敷居高くなく、作品を楽しむことが出来ます。
とーってもありがたいことです。
リンクを貼ってくださってありがとうございます。ワタシもいただいて帰りますね。
Commented by jin-m10-p at 2015-04-22 15:48
roseyrosey 様

こんにちは。返信遅くなってすみませんでした。

我風展では、足をお運びいただきありがとうございました。
ワタシもお会いできて、とてもうれしかったです。
しかも・・・話しを聞いていただけただけでなく、
撤収までお手伝いいただけるなんて、感謝の一言です。
ありがとうございました。

またお会いしたい、今度は逆にお話しをうかがいたいです。
できれば・・・秋にでも。
夢の広がるお話し聞きました、楽しみですネ。
何につけても、これからもよろしくお願いいたします。
Commented by jin-m10-p at 2015-04-22 15:57
a-ki_la 様

こんにちは、返信おそくなってすみませんでした。

こちらこそ、いろいろとありがとうございました。
ライヴもたのしかったですネ。(ワタシは酔っ払いでしたが 笑)

たしかに写真のひとつの完成形がプリントだと思います。
しかし、PCでの楽しみ方など現在では表現が多岐にわたって
います。であれば、拘る必要もないですよネ。
あった形で楽しみましょう。

シゲキ的な写真展でした。
また、これからもよろしくお願いいたします。


<< ラ イ ヴ 前 宣 伝 >>